建築経営の基礎知識

会社経営がよくわかる『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では小規模な設計事務所や工務店などの経営に必要な経理・人事・総務の基礎知識や手続きについてわかりやすくまとめられた書籍『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』を紹介しています。

契約書への契約印の押し方といった細かいルールやスタッフを雇った時の社会保険や労働保険の手続きなど、会社を経営する上で必要な知識は多岐にわたり、まとまった知識を得る機会はなかなか得られません。

小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は小規模な設計事務所や工務店の代表や事務担当者、経営に係る方、これから設計事務所や工務店を設立する方などにオススメの一冊です。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経営に必要な手続き全般の基本や手順がわかりやすくまとめられた一冊

小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は経理・人事・総務の役割をひとりでこなさなくてはいけない、小規模な設計事務所や工務店の経営者や事務担当者に役立つノウハウや情報を、多くの図解や実例とともにわかりやすく解説しています。

例えば社会保険の概要を解説した項目では、社会保険の加入対象者をフローチャートで解説しています。フローチャートにそって労働時間や契約期間に関する質問に答えることで、正社員やアルバイトが社会保険の加入対象かどうかが簡単に判断できます。

また、書類の書き方の実例が豊富なため、年末調整決算に関する手続き書類の書き方や注意点が分ります例えば年1回作成する扶養控除等申告書や源泉徴収簿などが実例とともに書き方が解説されており、記入の際の助けになります。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経理・人事・総務などの事務全般に役立つ基本の情報や手続きなどの情報がわかりやすくまとめられています。

『一生役立つ設計事務所の育て方』について話す人々

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は印鑑やマイナンバーの取り扱い方など設計事務所や工務店経営のための細かなルールがわかります

小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は印鑑マイナンバーの取り扱いなど、会社経営の細かいルールが詳しく解説されています。

例えば、印鑑の種類と使い方についてまとめた項目では、領収書や契約書などで用いる印鑑や押印の種類が解説されています。例えば、契約書であれば割印・契印・捨印・消印などについて、それぞれの違いや押印する位置がひと目でわかるように図解されています。

また、マイナンバーの概要についてまとめた項目では、従業員の雇用などに伴うマイナンバーの取得方法や管理方法が解説されています。従業員の採用時や年末調整など、マイナンバーが必要となるタイミングとその時に必要な作業の内容が、わかりやすく表にまとめられています。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経営のためにおさえておきたい事務の細かなルールが効率良く得られます。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は三六協定や社会保険の加入手続きなど、スタッフの雇用に関わる手続きが図解されています

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店でスタッフに時間外労働をしてもらうために必要な三六協定の届出の概要や、スタッフを雇用した際に必要な社会保険手続きについて解説しています。

例えば、いわゆる残業代や三六協定についてまとめた項目では、三六協定の届出に使う実際の書類が紹介されています。また、「法定時間外労働+深夜労働」や「法定休日労働+深夜労働」といった、割増賃金が発生する各パターンがわかりやすいグラフにまとめられています。

社会保険の加入手続きについてまとめた項目では、社会保険手続きの届出先や提出期限、書類の書き方などが実際の書式をもとに図解されています。具体的には、会社として初めて社会保険に加入するときや初めてスタッフを雇用したときに必要となる、「健康保険厚生年金新規適用届」について、実際の書式を用いて記入例と注意点が解説されています。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店がスタッフを雇用するときや時間外労働をしてもらうときなどに必要な手続きがわかります。

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は経理・人事・総務の事務について具体的に知りたい方やこれから会社を設立する方にオススメの本です

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は、設計事務所や工務店の経営に係る方や、以下のような要望やお悩みのある方にオススメです。

・設計事務所や工務店の総務や事務をスタッフに任せたい方
・総務や事務についてもう一度基本をおさらいしたい方
・これから設計事務所や工務店を設立しようとしている方
・会社の代表から総務や事務を任せられたが、何をすれば良いかわからない方

小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は〈経理・人事・総務の基礎知識〉、〈日常的に行う事務〉、〈年に1回行う事務〉、〈発生のつど対応する事務〉の5つの章で構成されています。各章が独立しているため、どこからでも読むことができる本となっています。

また、手続きのタイミング別に章が分かれているため、いつどの手続きが必要なのかがすぐにわかります。『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は1つ1つ調べると時間のかかる事務の知識や具体的な手続き方法を効率良く知りたい方にオススメです。

『一生役立つ設計事務所の育て方』

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経営に必要な知識や手続きが理解できる一冊

『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経営に必要な知識が図解や実例を用いて、わかりやすくまとまっています。

例えば、印鑑やマイナンバーの取扱いなど、契約書や個人情報に関する細かいルールがわかります。また、三六協定の届出や社会保険手続きなど、設計事務所や工務店でスタッフを雇用したときに必要となる手続きの方法がわかります。

さらに、手続きの発生時期や必要書類の提出時期などが、実際の書式を使った記入例とともにまとめられています。『小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本』は設計事務所や工務店の経営に必要な事務について、まとまった知識が得られます。

また、フリーランチではさらに実践的な設計事務所や工務店の経営のご相談をお受けしています。ぜひご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。