小伝馬町の社長のつぶやき

[週報]トークイベント「施設参謀」の準備、キャリア相談など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、ありがたいことにいろいろな人に会ったりするので、備忘録的にブログで週報をつけてみることにしました。
2社で働くという感覚がちょっとだけ伝わるかもしれません。

月曜日

ユウブックス矢野さん来社、編集出身の矢野さんは出版社を立ち上げたばかり。
矢野さんが企画されている最初の本についてお話しを伺う。マーケティングの顧問先や同年代の起業仲間が軒並み出演していて、発売が楽しみ。
出版業界は厳しい時代にあるけど、ぜひ新機軸を打ち立て、売れて欲しい。応援しています。

火曜日

書籍プロデュース第2弾の打合せ。最近は自分の本を書かないかという打診もいただいたりして、マーケティング上の「書籍」をどのように捉えるかと延々と考えている。
1冊目の本は、自分や自分の会社のポジショニングを宣言するためのもの、2冊目は「売れる本」をつくるもの。売れるというのはビジネス書として売れるもので、最低1万部。
とてもハードルが高い。

建築業界固有の問題なのかも知れないけれど、自分達にとってのクライアントは建築業界の書棚を見てくれないものなので、業界向けに発信するものと、業界外に向けて発信するものは明確に区分しなくてはいけない。
本で言うと、ビジネス書と建築書、それぞれ別々の企画を廻さなくてはいけない。

夜、きりくちブログのやまださんと会食。元シェアメイト。某ベンチャーで上場後のキャリアを模索中のこと。弁護士のキャリアメイクの話、ビジネスがわかる法律家というポジションがメチャクチャ薄い。食えない弁護士はたくさんいるけど、ポジショニングが悪いだけなのかもしれないね、と意気投合。法律的に正しいかどうかという観点と、ビジネスモデルの隙を埋めるような企業法務との違いという説明には納得。

大企業だと企業法務がしっかりしているけど、立ち上げたばかりのウェブサービスとか起業初期に独自の収益モデルを構築したいときには、法律家は必須なんですよね。
フリーランチも1番最初にやったのは、ビジネスモデルを担保する契約書の作成でした。多様な働き方を支援するようなビジネスモデルに類例がないので、漏れのない契約書を作るのが本当に難しかったです。

水曜日

曙町の長沼アーキテクトへ。
事務所で懇談後、ランチ。ご馳走いただく。これぞ社名のフリーランチ、ありがとうございます。小伝馬町に来ていただいたときには必ずフリーランチごちそうさせていただきます。
ちなみにフリーランチに足を運んでいただいた方には、お昼くらいはご馳走しますので、フリーランチでフリーランチしてみませんか?

長沼さんは「建築とお金をデザインする建築設計事務所」というコピーを掲げられていて、独自のポジショニングを確立されつつあるそうです。
組織設計にいたことがあったり、大きい仕事ができる人は、設計の能力以外にも、課題抽出力や与件整理力みたいな能力が身についていますが、そういった能力はライセンスでははかれないのですが、価値ある能力なのでそれをうまく伝えられるといいんじゃないかなと感じました。

岡本健+事務所で新しく広報に参画したメンバーとの顔合わせ。
ちょっとした小プロジェクトのキックオフをする。夜、会食。みんなアルコールを嗜まないので、美味しいカレーで健康的な1日として締める。

木曜日

書籍イベント「施設参謀」の登壇者との事前打合せ。
今回は山下PMCと創造系不動産のクライアントを招くという異色の企画。
型にはまらない発注者として理想の姿で、非常に勉強になります。

午後からウェブ制作会社さんの元へ。「週刊施設参謀」について打合せ。
そのまま睡眠時無呼吸症候群の検査入院の予定だったが、風邪と咳が酷いので有意な検査結果がえられませんよという結論となり、入院は延期に。
睡眠時無呼吸症候群は色々調べたんだけど、深酒を控えて、痩せるのが1番という身の蓋もない結論に。病院よりもダイエットしようと思ってます。

金曜日

書籍イベントの会場確認でイトーキさんのイノベーションセンターSYNQAへ。1週間前の時点で申込み殺到で満員御礼。
会場のレイアウトをどうするかが焦点に。壇上と客席の距離が遠いので、急遽壇上に上がる階段に座るカジュアルな形式への変更を検討。
イトーキの藤田さんのファシリテーション力に頭があがらない。
某総研会社のTさんと懇談。エンジニアリング会社から山梨でベンチャーを立ち上げた後、現職へ。フリーランチ的なワークスタイルなので、いつか取材をとお願いして別れる。

相方の網膜剥離が再発したので、急遽病院へ。検査の結果があまり芳しくなく、再手術へ。3ヶ月で3回手術していて、手術前後は介護的な事も必要になる。
どこかでまだ30代と思っていたような気がする。30代で大病を患うには、心の準備ができていなかったかもしれないなぁと思う。
持続的に働くのは難しいものなので、何が起こるかわからないけど、不確実なものに向き合うようなことは準備は必要だなと再認識。

土曜日

朝から、フリーランチ流キャリア相談。構造設計事務所勤務の方からご相談。
大手から小さい事務所へ転職して経験を積んだ方。一般的な転職エージェントがもっとも苦手とするパターンで、フリーランチが得意とするパターン。
実際に他のエージェントにも足を運んだが、小さい事務所での実績を評価されなくて、悔しい思いをしたとのこと。

3社目になる転職がいちばん難しいのだけれど、最初の転職が簡単なため、難しさが認識されていない印象。その後のキャリアがどこまで広げられるかの分かれ目。
3社目が大事という視点でフリーランチ流仕事術で記事を書こうと思う。

日曜日

週半ばで発病した風邪が悪化してダウン。声がほとんど出なくなる。風邪を引くと睡眠時間と療養時間が長くなる傾向にある。
今回は、不養生したせいか、療養中で動けなかった時間が46時間もあった。8人日の稼働ができなかったと考えると、かなりの損失。健康にはキチンと投資しておかなくてはいけないなと感じる。

まとめ

最近ミーティングの数がどんどん増えてきていて、そろそろ1人で複数の会社の面倒を見るのが限界に達しつつあるのを感じています。

30前半と大きく違うのは、日中に作業ができなくなったこと。
早朝に起きて作業し、午前中は部内ミーティング、午後は営業、夜は営業会食で遅くとも23時前には寝るというスタイルが定着しつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。