ホットエントリー

kondoyuko がメチャクチャにヤバイ就活生・近藤佑子になれた3つの成功要因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

就活生のみならず、仕事に関わる多くの大人にまでインパクトを与えた「メチャクチャにヤバイ就活生・近藤佑子を採用しませんか?」は、プロモーションとしてこの上ない成功を収めました。

5/16の彼女の誕生日に開設された「メチャクチャにヤバイ就活生・近藤佑子を採用しませんか?」は、はてなブックマークでは5/18 10時現在では 893 usersを記録しており、10万PV/dayはゆうに超えたとのことです。本サイトではその成功要因を、以下の3つに集約されると分析しました。

○ダーゲットが明確であったこと

まず、サイト構築の動機となった、就活企業について考えてみましょう。企業規模と社風に焦点をあてて、既存企業を4つに分類してみましょう。

今回は、サイトのレイアウトがバーグハンバーグバーグ社が制作したサイトをインスパイアしているように図の2のゾーンの会社を照準にあてています。また、こうした気質を受け入れられるでろう1のゾーンの企業も視野にいれたターゲティングになっています。

 

一昔前は、電博やリクルートのような広告系は、こういうインパクトを与える学生を採用枠に取り込みたがっていました。現在だとそういった役割は、DeNAやサイバーエージェントがその役割を担っているでしょうか?

インスパイアだとしても、インパクトが強く人を選ぶデザインを選択したことで、オファーを入れる側もそれなりに空気を読める会社であることを要求されており、マッチングのミスを未然に防ぐ努力がされていると言えるでしょう。3のレガシー系大企業は、今回の世間的な評価が定まるまでは怖くて手出しできないでしょうから。

○空気を読まない強さがあったこと
ターゲティングが適切であっても、コンテンツとして面白くなくては、ここまで盛り上がらなかったでしょう。公開後、数時間で立ち上がったNaverまとめ「今ネットで話題の「メチャクチャにヤバイ就活生・近藤佑子」まとめ」では、あたらめてまとめサイトの恐ろしさを感じさせるともに、「美人ではない」、Amazonウィッシュリストの「(着る人を選ぶ)メイド服」などに、的確なツッコミをいれています。
イケてるしヤバい男 長島からのお知らせ」の狂気を感じさせる必死さに対して、容姿のコンプレックスをコンテンツとして仕上げており、クオリティが高いです。

この面白さには、勝間和代の「結局、女はキレイが勝ち 」やホリエモンのミュージカル出演やヌード披露(グロ注意)に通じるお前が言うな(やるな)感をいい塩梅でかもし出しており、絶妙なコンテンツに仕上げていると言えるでしょう。

○着火が完璧だった。
初動がはてなとtwitter という着火しやすいソーシャルメディアに照準を合わせたプロモーションであったこと。また、着火に彼女の知人が多く参加していたこと。この点が完璧でした。個人のPRというのは得てして炎上に結びつきやすいのですが、はてなブックマークのコメント欄(ブコメ)の、初動は彼女の知人由来の好意的なコメントが殆どでした。

はてブで起爆するのに最初のハードルとなる2桁のブックマークを、知人やその周辺のはてな民をうまくとりこんでいました。せっかく作り上げたコンテンツが不発におわる事態を未然に防ぎ、彼女を知らない人が目にする頃には、コメント欄は炎上コメントを入れにくい空気になっていたのではないでしょうか?。

以上のような、蛮勇ともいえる空気の読めなさと、近藤さんが持つクレバーさを活かした根回しやターゲットの調査・分析が適切だった結果、今回の成功につながったといえるでしょう。単純な勢いだけが評価されがちではありますが、その前段階のリサーチ力こそが実務的には評価されるポイントとなるはずです。

ぜひ、オファーが殺到している近藤さんには、専攻である土建業界の調達ノウハウが詰まった総合評価方式を活用していただいて、各社から提案された「報酬+(近藤さんが持つ)能力の活用の方法」より、自分にマッチする会社を選択していただきたいと願っております。

個人的には、破れかぶれのmixi が、赤字覚悟のオファーで一番札を取りにいく、という展開を期待しております。
そんじゃーね!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905042003/wa01-22/ref=nosim/ そこまで言うか!
勝間 和代、堀江 貴文、、堀江 貴文のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、西村 博之
青志社

商品詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。