アイドルマスターの現場から

765プロの原点を探す旅 (アイマス8thツアー横浜公演レビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アイドルマスターのライブこと、「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!(以下8thツアー)」に参加してきたので、恒例のレビューをまとさせていただきます。いつも通りライブの演目についての感想は控えめ、アイマスのライブからコンテンツの特性について言及するレビューとなります。

○First Step いつもドラマと共に在るうた
偶数年である8周年ライブは、4周年、6周年に続いてツアーとなりました。ツアーライブでは会場毎にツアーリーダーが指名されるのですが、横浜会場のリーダーは、萩原雪歩役の浅倉杏美さんと、星井美希役の長谷川明子さんが務めることとなりました。

なかでも、あずみんこと、萩原雪歩役の浅倉杏美さんについて、言及しないわけにはいかない。(半年ぶり2度目)

浅倉さんが歌った「First Step」は、彼女の雪歩役就任が決まった早い時期に収録された曲であり、マチアソビで初披露され、冬フェスでは浅倉さんがはじめてアイマスのコンテンツに参加した幕張の地で歌われ、この8thツアーでは浅倉さんのソロ曲となってツアーをともに走ってきました。

リーダーとして、そして8thツアー最後の出演として迎えた横浜で、いつもドラマと涙とともにあったこの曲を、笑顔で繋いだ浅倉さん 。彼女なりの8thツアーへの餞(はなむけ)の曲だったように思う。「First Step」という曲は、浅倉さんと僕らプロデューサーを繋ぐ場で、僕たちの心の中に、いつもドラマと感動を残していってくれる。8thツアーの横浜公演にいたプロデューサー達は、あの感動をずっと忘れないことだろう。

○ミリオンライブ組はどうだったか?
GREEのソーシャルゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!(以下、グリマス)」からは、の3名がゲストとして参加。グリマスのメンバーが、今回のツアーに初参戦ということで、注目の1つでもありました。

率直な感想を言うと、グッドパフォーマンスでした。相応の準備を重ね、それなりにキャリアを持ったメンバーと潜在力のあるメンバーを抜擢して、パシフィコという大きな箱に持ってきたのだと、運営側の覚悟のようなものを感じました。

 

今回、3人とも堂々たる舞台デビューでしたが、特筆すべきは最上静香役の田所あずささん(通称ころあず)のパフォーマンスでした。非常に芯のある声質で、声量も文句なく、なかなかいい新人を発掘してきたなぁと驚きの声が会場からもあがっていました。

ミリオンライブは、先にまとまった資金を投下しているだけに、後述するプロデューサー(以下、Pとします。)達のオーナーシップを損ねるような展開で進んでいます。コンテンツの背骨としては、売れてからボイスの実装やCDを発売したシンデレラガールズの方が一歩リードしているといったところでしょうか。

ミリオンライブをめぐる展開は、最初から計画されたカレンダーを意識された展開のように感じます。今回のライブでは、「10周年」という言葉がでましたが、10周年での世代交代を元にシナリオを組んでいるのかもしれないし、そろそろ出そうな「アイドルマスター3」を念頭に置いているのかもしれません。

いずれにしろ、公式が計算高く動いたときはことごとく外れクジを引いてきているので、このあたりが個人的には1番信用できない点であり、温かく見守りたいと思っている反面、大きな不安要素であるとも感じています。

 

○CD先行予約 10列目の世界
アイマスのライブは競争率が激しく、席がとれただけでも儲けもの…なのですが、今回は幸運なことにCD先行が当選しました。しかも、チケットに刻まれた席次は、なんと15列目の舞台向かってやや左。可動席の1~5列目がなかったため、実質的に10列目でのライブ参戦となりました。

アイマスのライブにいった時には、両隣のPとは話をさせてもらうのですが、隣のPは、ベテランPで、8thもすべてCD先行での参戦だとのこと。実は、チケットの確保の仕方などの直伝を受けたのですが、これは役得ということで内緒にしておきます。

大柄な彼は、横向きにたってやさしくサイリウムを振っていました。コールが難しい曲には、率先して合いの手をいれ、「いっぱいいっぱい」など、おなじみの曲には控えめにコール。「風花」と「First Step」 では、サイリウムは振らず、じっと聞き入る。曲と曲の合間にこれまでの経験を元に、気の利いたコメントを聞かせてくれる。

そんな控えめでやさしい観戦スタイルに惚れ惚れとしてしまいました。

ウェブ先行でこれまで見てきた座席とは一足違った雰囲気でライブに入り込むことができた。名刺を交換するのも野暮なことかなと感じて詳しくは尋ねなかったのですが、もしかしたら有名なPなのかもしれません。決して生育が順調だとは言えなかったアイマスという花をやさしく見守ってきたのは、こういうP達なんだろうなぁと感じ、みなさんが築いてきたアイマスというコンテンツへ敬意を新たにしました。

10列目というのはステージに近いので、声を張り上げなくてもステージに届きそうな気がするんですよね。特筆すべきなのは、肉眼でガールズが見えるということ。

仁後真耶子さん、なんであなたはそんなに可愛いのでしょうか?楽しそうに動く仁後さんから目が離せず、サイリウムを振るのも忘れてしまう。公録などではもっとそばで見たことあるのですが、改めてライブの10列目ってすごいなぁ、と改めて感じました。

一部悪ノリする方もいないではなかったですが、中列以降に比べてマナーの悪い人がほとんどいなかったのが快適さを助けることになった気がします。

前列がある程度、お金と手間をかけないとチケットが取れない仕様だからなのかもしれませんが、中列以降にマナーの悪いPが多いように感じます。ただ騒ぎたい人はコンテンツに対して愛があるわけではなく、どこのコンテンツでもそういうことをやっている。アイマスというライブという場の上澄みを利用して楽しんでいるだけなのではないかとも感じます。

全体的には、これ以上にないくらい非常に快適なライブ観戦環境でした。また先行でチケットとりたいと思わせるだけの価値はありました。反面、これはライブ初参戦を期待していたPにとっては、チケット入手は相当にキツイ条件だったと思うので、アイマスのコンテンツとしては需要と供給のリバランスは考えなくてはいけない時期になってきているのではないかと感じました。年に1回くらいは、みんなが参加できるライブがあってもいいのではないかと感じています。

 

○ツアーの意義は? アニメ=ライブの世界観からの再構築
7周年ライブとウインターフェスティバルは、アニメをめぐる765プロのものがたりとしては、表と裏の対になる関係でした。

あの完璧な進行の7thと、生バンドでの演奏で緊張感をはらんだ冬フェス
全員集合の7thと、不在のガールズの穴を埋める構成だった冬フェス

アニメの世界観を完全に再現した7th、
アニメの延長線上の「シャイニーフェスタ」の世界観を再現した冬フェス。

今回のツアーはどうでしょうか。ソーシャルゲームであるミリオンライブ以外は目立ったリリースもなく、ある意味、ツアーの存在意義を問われるような状況ではありました。

演目から見れば、開幕とゲスト、エンディング以外はソロ曲中心に展開される構成は、会毎のリーダーを除いてはガールズ達は非常にフラットな関係でいられるようなものでした。

オフ会では、「今井麻美がarcadiaを歌える」のが凄かったという意見を耳にしました。これは、アニメの千早のイメージが強い「約束」や「眠り姫」や、浅倉さんも雪歩のイメージが強い「alright*」を選曲しなかったということで、それが許されたということが重要なのではないかという趣旨でした。

僕にはアニメで背負った「765プロのものがたり」をいったんガールズの肩から降ろして、アーケード稼働からの6年とアニメからの2年をフラットに眺めることができるようになるための演目のように感じました。

新たなメンバーをも交えてアイマスというものがたりを問い直す旅、それが8th ツアーの意義なのかもしれません。冬フェスの時のレビューでライブのことを社員総会と称しましたが、8thツアーは、765プロの社員旅行であり、初心を探す旅なのかもしれません。


○オーナーシップはどこへいくのか?
今回のオフ会は、かおるーあP(@kaolua)が主宰する「何度も呑めるよ」に参加させていただきました。席割や専用掲示板の自己紹介、参加者がわかるための名札などP達が言葉を交わしやすい工夫を凝らしていただきました。

僕は名刺交換は好きなのだけれど、オフ会ではいかにその場でP達の感想を聞けるかがキモだと思っていて、しゃべり>名刺交換 というプライオリティでやっています。アイマスというコンテンツを支える現在のP達がなにを考えているか知ることのできる貴重な機会だと考えているためなのですが、そうした意見交換ができる場をデザインしていただけて感謝しています。

参加のPから、
「ライブで現地に行って、生でガールズ達を見て、周りのP達と交流して『あぁ、この人凄いな』『こういう考えもあるのか』『よし、自分も頑張ろう』ってなったらもうP辞められない」(くるリンPのツイートより引用)という言葉があったのが印象的でした。

この後に、「プロデューサーとして頑張らないと。」という言葉があったのですが、これは実は示唆に富んだ言葉で、この「頑張る」という言葉は非常に難しい言葉だなと感じました。

僕個人としては、アイマスの最大の武器であり、特徴はプロデューサー達がアイマスというコンテンツに対して「オーナーシップ」を持ってきたことに尽きると考えています。個人的には、コンテンツに敬意を払いつつ、「オーナーシップ」を持ち続けるという行為こそが、「頑張る」に繋がって行くのではないかと考えているためです。

一体となるコールやサイリウムというのは、これまでアイマスを支えてきた先輩P達によって試行錯誤の末に考え出されたものであり、今となっては結果である「サイリウム」や「コール」がクローズアップされているけれど、過程こそがオーナーシップの結晶なのです。

結果だけをみて、ライブでたくさんのサイリウムを折ることだったり、レギュレーション違反のキンブレで応援することはどうなのでしょうか。アイマスはもっと創意工夫の余地があるコンテンツであり、それが許されてきた懐の深いコンテンツなのではないでしょうか。

ゲームを頑張るというのも1つの考え方だし、ニコマスや2次創作にいそしむのもある程度公式が許容していたりします。イベントやライブ、オフ会での交流を重視し、環境を整えることもその1つといえるでしょう。

こうしたプロデューサー達のアイマスに対する「オーナーシップ」こそが、アイマスというコンテンツの他にはない強みであり、名刺文化も、サイリウムやコールも、実は些細なもの。ライブやオフ会で色々なPと話すたびに、こう感じるようになってきています。

○プロデューサーとして、アイマスとどのようにつき合うべきか?
新しく同僚になったみなさん(新規でアイマスというコンテンツに興味をもっていただいたプロデューサーの方々)には、アイマスはいまや大きなコンテンツになって、たくさん受け取れるリソースがある状態を迎えています。ただ、与えられるのを待つような受動的な姿勢ではなく、このコンテンツの在り方を考えることができ、なんらかの行動がコンテンツの形成にフィードバックされる。ここが、アイマスの魅力だということを感じて欲しいのです。

10年に近いアイマスの歴史の中では、コンテンツ供給元のバンダイナムコが旗を振ってもその方向には必ずしも進まず、致命的な失策があってもP達の自立的な行動がこのコンテンツを相互に補完してきた関係があります。反面、それがゆえに公式が意図した強引な波に乗りきれなかったとも言えます。ゼノグラシアとかアイマス2とか…、ミリオンライブ少し強引だと感じるのですが、本当に大丈夫でしょうか…?

やはり、プロデューサーというのはこのコンテンツの社員であり、コンテンツ供給者ほどの権限はなくとも、緩やかにコンテンツに干渉する力を持っている。それが一番の魅力なのではないかと感じています。

だから、突然自分だけが目立ったり、突出しても上手くいかないし、あくまでプロデューサーというのは支える側の立場の人間であると言うことを忘れないようにしなくてはいけないように感じています。なんとなく日本的な会社風土を踏襲しているような気もしていますが、「社員=P」としてカルチャーは共有できるコンテンツだからこそ、1円も報酬を支払われない本業(プロデューサー業)を続けられるんだろうと感じています。765プロはマジブラック事務所。社長、そろそろ給料下さい(笑)。

プロデューサーのみなさん、次は9月15日の福岡講演で会いましょう!
このレポートの第2弾は、福岡公演の後に更新する予定です。オフ会は、ターンKさん主宰の「アイマス8thライブ《福岡》後のオフ会(宴会)(のヮの)ノ」に参加予定です。

○お願い
ライブレポ(2日目とはもちろん別に)を書きますので、幕張1日目のチケットを経費等込みの定価で譲ってくれる方を募集しています。心当たりがある方は、@archikata までご一報ください。

 恒例Pヘッドには、撮影OKの文字が!

 

 

 

 

 

 

 

(写真はすべて、あるきかた撮影。無断転載は厳禁とし、転載を希望される方は、ご一報ください。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。