小伝馬町の社長のつぶやき

2014年度のリソース配分:会社と事務所とプライベートの狭間を生き抜くために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新年度がはじまりましたね。
以前は、こんな感じで年間の目標を立てていたのですが、ここ数年は毎年肩書と家が変わり、先を見通すのが困難だったため、年間を通した計画を立てられませんでした。

昨年1年を大手マネジメント会社(以下、マネジメント会社)、自分の事務所(以下事務所)のダブルワークで過ごしてきましたが、体調面で事業継続が難しいと感じました。

ダブルワークで、ワークライフバランスどころか、シナジー効果も生まない生活の繰り返し。ありがたいことに仕事の要望はあるが選別受注せず片っ端から受けたため、土日は稼ぎ時!のような状況になっていました。

3年間ニートに近い暮らしをしてきた結果、財務状況が大幅に悪化していたのですが、昨年ハードワークした結果、財務状況がおおきく持ち直しましたので、仕事とプライベートのリバランスをとれる状況になりました。

試験的な試みとして、年間ベースでのベンチマークとして、持ち時間を振り分けてみることにしました。

まず、年間の稼働時間を算出します。
移動と家事と睡眠時間を除き、1日12時間を稼働時間としました。
年間4380時間(365日×12時間)が持ち時間となります。 

■個人の部[100.5人工/年 804時間/年]
○時間をかけて行うもの
・宅建に合格する 350時間
・アイマスライブ 全レビュー 50時間
・週2回運動をする 104時間
・広報と人事に関する投資 104時間
・資格の更新 30時間
・ゴルフとビリヤードを覚える 104時間
年間6ラウンド+月2回練習
・ブログ更新 30本 62時間

○時間をかけず、習慣を変えるもの
・朝型にもどす(23時就寝~6時起床)
・自炊する(週2回)
・体重を65Kまで戻す
・節酒…
――休日の前日(金曜日)は飲まない

■個人事務所の部[10人工/月 960時間/年]
・新規事業の事業計画及び法人化
・企業広報戦略支援サービスの拡充
・企画編集業務の拡充
・単著本の執筆(2~3人工/月)
・広報・営業素材の更新
――ウェブ、名刺、事務所概要などの更新
・ブログの定期的な更新
・PROPSの企画、アーカイブ立案
・中期経営計画の立案
・財務・会計

■大手マネジメント会社 支援業務の部[18人工/月 最大1800時間/年]
○企業広報支援業務
・宣材の拡充
・HPのアクセス分析と改修
――目標:問い合わせ3割アップ
・メディア対応、記事の企画
――目標:記事25本を仕込む

○新規事業及び外部パートナーシップの拡充
守秘義務に関係するので詳細は記載しませんが、2つは新規事業の立ち上げに係るものとします

■休日の部[68日 816時間換算]
年間 68日
月5日及び中期休暇 8日 を想定
契約更新の手前で、年に2回くらいは遠出できるといいですねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。