小伝馬町の社長のつぶやき

フリーランスとして生きていくには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここのところ働き方について記事を書いたり、イベントの企画を立てたりして、フリーランスの方にインタビューする機会をいただいている。フリーランスというのは、どういうものなのか?元会社員のフリーランスとして、いろいろな角度からフリーランスの世界の成り立ちについて考察してみたい。

○機会損失を粛々と受け止める強さも必要
いろいろな方々の動機や経緯などを伺う中で、
「相談があって、次に声がかからなかったら自分の力が及ばなかったのだとスッパリ諦める」
という発言が強く印象に残っている。

この発言が自分の中で掴みきれなかったフリーランス像がイヤに腑に落ちて、フリーランスに対する視点を改めるきっかけとなった。

フリーランスになること自体は非常に簡単で、税務署に開業届けを出しに行くだけで手続きは完了する。また、もう少し稼げるようになったら、法人登記することにより控除枠の拡大や赤字の繰り越しが出来るようになる。こういう法人をマイクロ法人と呼んだりする。

個人事業主やマイクロ法人は、会社員時代に収入を事細かに把握されていたことに比べると格段に緩い。マイクロ法人にしても、会社員時代にコンプライアンスでガチガチに縛られていた法人とは別物に感じる。しかし、フリーランスとして長い期間を生き続けるのは非常に難しいように感じる。

会社員の仕事というのは、自分の有無に関係なく、きちんと稼げるモデルや地盤を会社が持っていることが多い。
自分の会社が効率の悪いやり方で仕事を回していると感じたとしても、その効率の悪さを許容できるくらいのバッファがビジネスモデルに織り込まれているのだとも言える。

もちろん、ビジネスモデルとして成立するまでは多くの困難に直面することになるが、大抵の人間は事業が軌道に乗ってから配属されることになる。

一度ビジネスモデルが確立してしまえば非成約案件も少なく、非成約自体がイレギュラーなことであったり、見込み営業の部分は提案やコンサルティングと称してフィーをもらうこともある。冒頭の発言のような、厳しい世界とは異なる論理の世界に生きている。

○フリーランスを続けるのは、想像以上に困難
最近取材した中で、フリーランスとして金銭的、もしくはワークスタイルをきちんと確立できている人には、以下のいずれかの類型に該当するようだ。
・地頭がよく、様々な環境に順応できる能力をもっていること
・ゆるやかな巻き込み力をもっていること
・活動範囲を制限せず、ワンストップで問題解決が出来ること
・前の会社や取引先から仕事をもらっている
・業界自体が需要があり、一芸に秀でている:プログラマとか

会社員でいう、職歴や資格のような積み上げ式のわかりやすい評価軸がフリーランスには存在しない。

ジャンルの壁を取り払い、大きな括りでフリーランスという職業を眺めてみると、やはりどこか卓越した能力が求められているように感じる。起業などのゴールを設定せず、粛々とフリーランスとして生き続けるためには、会社員以上にシビアな能力が求められるのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。