働き方・生き方・稼ぎ方

フリーランスが食べていける、適正報酬はいくらか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

某社のウェブ更新プロジェクトも収束に向かっておりまして、これからクローズに向けてシビアなやりとりを控えつつも、ちょっと落ち着きました。

仕事がある時に何を考えるかというと、単価を押し上げることを考えるわけです。単価を押し上げてたくさんのプロジェクトにコミットできれば、実績になって、次への布石となるわけです。

いろんな人と話をしていてフリーランスとして持続可能な形で維持できる単価の分かれ目というのは、1人工4万あたりかなぁという気がしています。ただ、外部委託の場合だと4万というのはそう高い金額ではないものの、内部に常駐となると4万というのは社員の見た目の手取りの比較になり、どうしても会社は4万という金額に抵抗を示すようです。体感的には、報酬の6掛けくらいが実際の福利含めた価値なんだと思います。報酬で1000万が、正社員の600万相当っていえば理解しやすいでしょうか。

ちょっと前まで、ライターとして文章を書く仕事をしていました。ライターデビューするまでは、今日の記事みたいに特に構成を考えずに記述するスタイルで文章を書いてきましたので、 商用原稿のつらいこと、つらいこと。書く前に構成を考えてから文章って書くものなのねー、ってことを論文執筆とライター生活を通じてはじめて学びました。

一度ライターになってみて思うのは、それこそ他人の書いた文章を穴があくまで分析するようになります。そういう目を持って他人が書いた文章に接するようになってはじめて次の世界が見えるようになった気がしました。金をもらうという責任を負って文章を書いてはじめて、言葉1つが与える意味のような物を考えるようになりました。

で、ライター生活をやっていたときはまったくブログを更新しませんでした。それもこれもライターの報酬というのは対して良いものではなく、かつ発刊するまで入金されないので生活に対する貢献度はたいしたことない。10数万の報酬はさらっと入金してくれよ、と私も思うのですが、たかだか10数万の金額の入金が3ヶ月先とかざらにあるわけです。正直、人工あたりの金額が4万を大きく割り込むと、起きている時間をすべて食い扶持を稼ぐことにつぎ込むことになり、とても遊びの文章を書くような精神的な余裕は持てませんでした。

これは単純に私の感覚ですが、1人工2万だと20人工で40万ですが、安定して20人工を保つ事ってなかなか難しいので、税金積み立てたり、運転資金回したり、経費使ったりすると、ほとんど生活に余裕はできません。貧乏暇無しという言葉をこれほど噛みしめることはありません。

3万だと生活に余裕ができるけど、先々の営業も兼ねた先行投資とか、老後を見据えた貯金とかまではいかない。俺もフリーで食っていけるようになったなぁと実感するラインでしょうか。とりあえず1年くらい先は見えるようになってきます。

アベレージで4万稼げるようになったとき、フリーランスとしても安定するし、法人化を視野に入れる時期にくるかなぁといった感じがします。1人工4万で年間240人工で960万。消費税免税は1000万までですので、世の中うまく設計されている物なのだなぁと感じます。

いまの仕事はフリーランスのコンストラクションマネジャーをしているのですが、BtoB 向けの広報戦略の策定を務めさせていただいています。会社のホームページを更新するだけでなく、事業物件の強みをうまく伝える工夫や企画をたてたり、たまに文章書いたりするのですが、成果物ができた瞬間にほぼタイムリーで人工精算できるって素晴らしいなーと思ったりします。結論?文章書くなら、インハウスのライター万歳! ってことでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。