PROPS

トークイベント PROPS が持つ3つの魅力 #pr_0916

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PROPS プロトークというイベントを運営しています。インターネット経由の呼びかけで集まった会で、土地や建物に関係したさまざまな属性の方が参加する、「参加型」のイベントなのですが、この会ならではの特徴や面白さについて、運営にかかわっている1人として考えを述べてみます。

○いろんな業種の「プロ」に出会うことができるイベントです。
土地や建物に関係したたくさんの「プロ」に出会うことができます。建築家、ゼネコン、デベロッパー、不動産仲介、IT起業家、シェアオフィスの運営者等、土地・建物に関係するいろいろな業種の方が参加しています。参加されるみなさんは、土地や建物に関する様々な立場でソリューションを行ったり、方法論を学んでいます。インターネットを媒介にしてはじまった会であるため、オープンマインドで情報の感度が高くユニークな方が集まるイベントです。

これは、この会のコアコンピタンスでもあります。プロジェクトの現場では、役割は専門的に細分化されていて、いろいろな「プロ」が協働することで成り立っています。さまざまな立場のプロが集まって、意見を出し合うことではじめて全体像がみえたりすることもあります。そのあたりの疑問をざっくばらんにぶつけられるのがこのイベントです。

また、インターネット中心に告知を行ってきたため、情報の感度の高い人が集まってきたことも特徴です。ありがたいことに有名じゃないけど面白い方にたくさんお会いすることができました。参加者同士が知り合いになれる面白さもあるので、終了後の懇親会にも参加して、いろいろな方と情報交換してみてください。今年は懇親会も十分な時間をとりたいと思ってます。

○いろいろな属性の方が対等に話すことのできるイベントです。
PROPS は、「フラット」なイベントです。実名とハンドル(仮名)、有名・無名、社会人・学生の区別無く、登壇者と来場者が対等に話せる会です。土地・建物に関係した全ての参加者が対等に話せる会であるため、たくさんの論点が生まれます。業界を横断し、参加者がの日々の仕事に通じる話ができるこれまでになかった新しい枠組みのイベントです。

土地と建物にはいろいろな人が関わっています。ディベロッパーや不動産仲介は「不動産」、設計事務所やゼネコンは「建築」、できあがった施設で商売をする人は「建築」でも「不動産」でもない業界にいて、1つの建物についてバラバラなみかたをしているのが現状です。バラバラな属性の人を集めて、土地や建物について考えられるのが、この会の面白さではないかと思っています。

また、守秘義務の強い業界にいたり、レガシーな会社にいると、社外での発言を快く思わない人たちが多く、発言できない事情もありました。しかし、組織にいるからこそ大きなプロジェクトに関わる事が出たり、経験として蓄積しているものもあるはずで、そうした人の考えをうまく取り込むしくみをつくることで、属性の異なる人たちが交わる事ができ、日々の仕事の延長線上のリアリティのある話をするイベントになっています。

○登壇者と来場者の距離が近いイベントです。
来場者は流れの中で率直な疑問をぶつけたり、意見を述べることで登壇者との距離を縮めてきました。また、ソーシャルメディアを活用することで、イベントで生じた疑問や意見を述べることができ、運営ノウハウの共有やテーマの選定にも参加しています。過去に来場者としていた参加者が立場を変えて登壇することもあり、登壇者と来場者の距離が非常に近いイベントです。

インターネット経由で集まった会ですので、運営と登壇者、来場者の距離が近いのが特徴です。twitterやニコニコ動画のコメント経由で、リアルタイムに考えている事をコメントできます。面白そうなコメントには、進行役がサクッと反応し、会場にいる人ならそのまま意見を述べてもらうようなシーンも多く、進行しながらそういう雰囲気になるよう心がけてもいます。

会場にいる人に意見を述べてもらうのは、どんなことを話すか予想できないのでリスクもあるのですが、予めtwitter のハッシュタグを使って意見を述べてもらうことで、その人がどんな考えを持っているのかある程度わかり、流れを壊さずに意見を述べてもらうことができます。ソーシャルを使ったイベントってそういう事なんじゃないかと思うんです。登壇者がただしゃべるだけ、来場者はただ見ているだけにならないしくみを考えて、継続していく必要があると考えています。

 

○おわりに(その1)

大阪にPROPSが初上陸ということで、PROPSってなんぞやという疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。運営の1人としては、肩肘張らず来ていただいて意見をぶつけてもらう。DESIGNEAST ならそういったラフなやりとりをしやすいイベントなんじゃないかと期待してもいます。事前に参加表明してもらうと、今日はこんなお客さんが来るんだなと知ることができて、議論のレベルを調整できたりもするので、ぜひ早めのご登録を。

第1回 2012年9月16日 @大阪 DESIGNEAST 「ソーシャル・ローカル・ビジネス」
https://www.facebook.com/events/405438692850191/

 

○おわりに(その2):もう少し、深く関わりたい方へ
今年のPROPSは、キチンと準備をするようになった最初の年です。facebookグループでは、登壇者や参加者、この会合に興味を持った人が参加して、意見を出し合いながら会をつくっています。興味がある人は、props@a-ri.jpまで。もしくはメールフォーム から申し込んでください。

ディベロッパーと建築家、組織設計事務所やゼネコン、不動産仲介やシェア系施設運営者、IT系のサービスや学生の方々が試行錯誤しながらイベントをつくっていて、立ち上げに係わる面白さみたいなものと、さまざまな業種間のカルチャーの違いみたいなものを体感してもらえるんじゃないかとおもっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。