小伝馬町の社長のつぶやき

誕生日なので210(ニート)円でニートがあなたの読みたい記事を書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誕生日をむかえた。企画や記事の執筆という、とても正業とはいえないヤクザな活動で糊口を凌ぐ毎日のさなか誕生日を迎えてしまった。お世辞にも祝われてめでたいとは言えない年齢になってきて、ウィッシュリストを公開して何かくれというのもちょっと芸がない。しかしながら、何か誕生日を楽しみたいということで、企画のようなものを考えてみた。

○原稿料をもらってから、記事を書いてみるというのはどうだろう。
いろいろと手持ちのネタを抱えているものの、イマイチ踏み出せないでいる5つの記事のタイトルを公開する。タイトル以外、ほとんど構成が決まっていない記事もあれば、取材を済ませて後は記事を書くだけという状態のものもある。

ただし、どの記事もそれなりに時間を要するものなので、みなさんから誕生日プレゼント代わりに小口の支援をいただき、無言の期待というプレッシャーのなかで、記事を書いた方が結果的にクオリティーもあがるのではないだろうかと考えた。いずれも商用原稿だと考えればたいした負担では無いのだが、ただで書くにはちょっと骨が折れる記事なのだ。

みなさんに楽しんでいただきたいと考えている、記事はこちらだ。
特集:建築家AA(アスキーアート)トーナメント!!
まとめ:実務経験がなくても、5分でわかる区画整理事業
まとめ:今さら聞けない!?公開情報ベースでわかる、震災復興の5つの論点
コラム:僕がシェアオフィスを退会した理由
インタビュー記事:ISHINOMAKI 2.0の小泉瑛一さんにインタビューしてきました。

○レコメンデーション
あなたがもし充実した記事を望むなら、「インタビュー記事:ISHINOMAKI 2.0の小泉瑛一さんにインタビューしてきました。」の支援を行ってほしい。多くのインタビュワーが深掘りできなかった、プロジェクトマネジャーとしての小泉瑛一さんの姿や都会で働く人間がISHINOMAKI 2.0のような活動に対してどのような形でサポートしていくことが出きるのかをきっと理解してもらえることだろう。

あなたが震災復興について、今さらだけど勉強したいと思っているなら、「まとめ:今さら聞けない!?公開情報ベースでわかる、震災復興の5つの論点」がオススメだ。私も数ヶ月前まで被災地とは無縁の生活を送ってきたが、たまたま被災地を取材する機会をいただき、公開情報ベースでも有益な情報が多くある事に気がついた。記事化にあたっては、裏取りをするにあたって出会った情報をわかりやすくまとめる予定だ。

あなたがプラクティカルな人間で、貪欲に知識を求めるなら「まとめ:実務経験がなくても、5分でわかる区画整理事業」をオススメする。
記事を読んで、区画整理と縁が切れない開発についてライブでより議論したいと思うならばPROPS第2回「開発・オペレーション」の会場へ来てもらえるとうれしい。

あなたがもしシェアオフィスの裏側をのぞいてみたいならば、「コラム:僕がシェアオフィスを退会した理由」をオススメする。もはやブームになってしまいシェア系の施設は乱立しているが、その中から自分にマッチした施設を選ぶ必要が出てくるはずだ。成功する施設とそうでない施設の差がどのあたりにあるのかを理解していただけることだろう。

あなたがもし建築家トーナメントを覚えていてくれたのでしたら、ぜひ「特集:建築家AA(アスキーアート)トーナメント!!」をオススメする。
着眼点は良いと思っているのだが、いかんせん AAの加工が相当大変でネームを切ってから約2年間も放置している。また、ネームを切ったときに長寿ネタでとりあげたオスカー・ニーマイヤー先生がどうやら病床にあるようで、そろそろ制作にかからないと本当にお蔵入りしてしまいそうだ。

○執筆と需要のマッチングの幸せな関係を模索して
現在、PROPSや本の執筆していて、実質ニートの私にはお金がないが、パッシブな生活をしているので、皆さんに比べればわずかな金額で1日を過ごすことが出来る。みなさんからいただいた支援で、みなさんが本当に読みたい記事を書いてみたいと思う。

実際、商業誌で原稿を書いている端くれとして、ページ単価数千円で取材記事が書けるわけがないというのも理解しているし、原稿を安売りするなと怒られるのではないかとも思うのだが、今回の5つの記事はどのみち商業誌にはマッチしないコンテンツも多いので、ぜひwebで読みたいという意思表示をして欲しい。商用ベースでは採算に乗らないが、手間をかけて世に出す原稿をみなさんの手でプロデュースして欲しい。

○さいごに
この企画で、みなさんが本当に読みたい記事を優先して私のリソースを提供できれば面白い試みになるんじゃないかと思っています。最低執筆口数をもうけていますが、それなりに高いハードルなんじゃないかとは思っているので、5つの記事の中で、依頼が一番多かったものについては、優先的に記事化しようと考えています。

○Stores.jpについて
注文にあたって個人情報の入力項目が多いので、ちょっと面倒です。しかし、今回の小口支援は発送を伴わないので、住所等の記入が煩わしいと感じる場合は、正直に記入する必要もないので…そのあたりはお察しください。

○個人情報を晒さないで支援したいかたへ
ペイパルという方法も有ります。


archikata を起動して、記事を書かせる




○やっぱりウィッシュリストでもの送ったるわというかたへ
正直シャイニーフェスタを遊んでみたいです。贈り物ついでに希望される記事があれば、メールにて送っていただいたものを明記してリクエストを送ってください、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。